Android Studio 0.8.12がリリースされています

この記事は最終更新から3ヶ月以上が経過しています。情報が古い可能性があります。

Android Studio 0.8.12がCanary Channelでリリースされています。

Canary Channelでリリースといっても、今回はパッチ形式での配布ではないので通知がきていないかもしれません。今回のバージョンアップでは、新たにAndroid Studioをまるごとダウンロードする必要があります。(バグへの対応のため、パッチ形式による提供はできなかったそうです)

0.8.12での変更点

新しくなったAVDマネージャー

新しくなったAVDマネージャー

画面サイズが分かりやすく表示されているのがありがたいですね。見た目が今風になっているだけでなく、設定がしやすくなったように思います。

Gradle WrapperがHTTPSで通信するようになった

Mavenのリポジトリ(JCenter)からライブラリを取得したりする際に、HTTPSで通信するようになったようです。セキュリティ面の強化ということなんでしょうかね。

レイアウトXMLエディターの初期画面をTEXTモードに

Prefer XML Editor

新しくレイアウトXMLファイルを作成した際に、エディタがグラフィカルモードではなくテキストモードで開かれるようになります。GUIでデザインなんかしないよという人にはありがたい機能かもしれません。

その他いろいろ

string.xmlからTranslation Editorが開けるようになったり、新規プロジェクト作成時にプロジェクトビューがAndroid Project viewがデフォルトで選ばれるようになったり(今まではProject viewがデフォルト)しているようです。

詳細は0.8.12のリリースノートを参照してください。

以前のバージョンのAndroid Studioと共存させる方法

Macの場合の話ですが、今まで使っていたAndroid Studio.appの名前を変更するだけで、Android Studioの旧バージョンと新しいバージョンを共存させることができます。

Android Studio旧バージョンのバックアップ

分かりやすいようにバージョンを後ろに追記してやるのがいいと思います。名前がAndroid Studioと被らなければいいので、別にAndroid Studioあ.appとかでも問題ないです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする