WatchFaceのサンプルを実行する

この記事は最終更新から3ヶ月以上が経過しています。情報が古い可能性があります。

Android Wearでウォッチフェイスを自作するためには、Creating Watch Faces – Android Developersを見て勉強するといいです。

なんかややこしそうな気がするかもしれませんが、そこまで複雑でもないです。Traningにも書いてありますが、Android StudioでWatch Faceのサンプルを取り込んでやると、どういうことやればいいのかわかると思います。

取り込み方はAndroid StudioのFileメニューからImport Samplesを選び、Wearable > Watch Faceを選択すればOKです。

Watch Faceサンプルを取り込む

サンプルの実行方法

このサンプルを実行する場合、実行環境にバツ印がついています。これはデフォルトで起動するActivityが設定されていないからです。

実行環境にバツ印がついている

そのまま実行しようとすると以下の様な警告メッセージが表示されますが、Continue Anywayを選べばAPKが端末へ転送されます。

気にせず続ける

毎回このメッセージが表示されるのはうっとおしいので、実行環境設定でDo not launch Activityを選んでおいた方がよいでしょう。

Activity起動設定

また、WatchFaceの設定画面を作るなど、デフォルトでは起動しないけど用意してあるActivityを起動したい場合は、「launch」を選んで起動させたいActivityを選んでおくと捗ると思います。(そうしないと、APKの転送→Android Wearアプリの起動→該当のWatchFaceを選択→設定画面を起動という手順を踏む必要があって面倒くさい)

ただ、この手法で起動するとgetIntent().getStringExtra(WatchFaceCompanion.EXTRA_PEER_ID);で、ペアリングしている端末のPeerIdを取得しようとしてもnullになってしまうので、PeerId依存の処理が上手くいかないことに注意しましょう。

WatchFaceの動作確認

アプリ(WatchFace)をどうやって端末に転送するのかというと、mobile(サンプルではApplication)とwearモジュールを両方とも実行(デバッグ)してやります。

そうすればWatch Faceが端末に送信されるので、後はスマホもしくはWear端末からWatch Faceの変更をしてやれば動作確認できます。

デバッグ実行はwearとmobile片方ずつやらないといけない

リリース用の署名をつけたAPKファイルであれば、mobile側の実行(端末へのインストール)さえ行えば、wear用のAPKがペアリングしている端末へ自動的にインストールされます。(mobile側のAPKの中にwear用のAPKが埋め込まれています)

しかしdebug用のAPKはこの自動転送が働かないので、wear用のAPKはwear用のモジュールを選んで実行しないと端末にインストールされません。

開発にあたっては、スマホ側とWear側両方実行しないといけないので若干面倒くさいです。

サンプルで使われているLog.d()について

サンプルでは様々なタイミングでLogにメッセージを流すようになっていますが、そのままではこれを確認することができません。

というのもLogを出力する前にisLoggableでログの出力レベルを設定を確認しているためです。

        if (Log.isLoggable(TAG, Log.DEBUG)) {
            Log.d(TAG, "onConnected: " + connectionHint);
        }

これをLogcatで確認するためには、実行する端末に対してadb shell setprop log.tag.(TAGで指定されている文字列) DEBUGとターミナルから入力してやると、端末のLogcatにログが出力されるようになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする