jarファイルで配布されているライブラリをAndroid Studioで取り込む

この記事は最終更新から3ヶ月以上が経過しています。情報が古い可能性があります。

Android StudioはビルドツールにGradleを使っているので、ライブラリはbuild.gradleのdependenciesに書くことで簡単に取り込むことが出来ます。

しかし、ライブラリによってはjarファイルで配布されているものもあります。(この例ではNiftyのMobile backend)

jarで配布されるライブラリを組み込む手順は簡単です。app/libsディレクトリにjarファイルを置くだけで完了です。

これはapp/build.gradleにて、libsディレクトリにあるjarファイルをビルド時にコンパイルするよう指定されているからです(compile fileTreeの部分)。

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    testCompile 'junit:junit:4.12'
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:23.+'
    compile 'com.android.support:design:23.+'
}

libsディレクトリなんかない、という場合、プロジェクトビューがAndroidになっている可能性が考えられます(デフォルトではAndroidになっています)。この場合、Projectに表示を切り替えることでディレクトリ階層が表示されるようになるはずです。

それでも見つからなければappディレクトリの下にlibsディレクトリを作成し、app/build.gradleにcompile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])を追加すれば組み込めると思います。

ライブラリの取り込み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする