Androidプログラミングを学ぶ上で大切だと思うこと

こっちのブログで書くか、別のブログで書くか迷ったのだが、プログラミングの話だしこっちに書こうかなと思う。

書こうと思ったきっかけは、Androidプログラミングを教える仕事を受けたこと。まあ個人的に、私などが人様に何かを教えるなどおこがましいという思いはあったものの、まあ何事もやってみなければわからないということでやってみた。

Android特有の、ライフサイクル周りの話だとかは、まあ知っていないと辛いよねっていうことではあるんだけど、それよりもっと基礎的な、プログラミングを学ぶ姿勢とでも言おうか、今回書きたいのはそこについてだ。Androidプログラミングとタイトルにしているのは、私がAndroidしか知らないから限定しているだけで、たぶん他の言語でも同じなんじゃないかなと思う。

私はずっと一人でAndroidのプログラミングをやってきた。ほぼ独学である。書籍とネットの情報を頼りに黙々とやってきた1。そんなやつが人様にプログラミングを教えるのもおこがましい気がするものの、3ヶ月間教えてみて大事だなと思ったことが3つある。

1つ目は言ってしまえばコミュニケーション能力である。いきなりプログラミング関係ないじゃないかと思われるかもしれないが、これはとても大事である。別に話を弾ませたり、相手の気持ちを慮ったりする能力が必要だというわけではなく2、自分の考えを相手に伝えようと努力できることって、プログラミング関係なしに大事だなと思ったのである。具体的なシチュエーションとしてはエラーを伝える場面でよくそう思った。なんだかよくわからないけれどもこういうエラーが出たんですと、わからないなりに説明しようとする人とそうでない人がいる。エラーの確認の仕方は知っているかどうかの問題なので、初心者だから見込みがないとかそういう話ではない。しかし、わからないなりに説明をしようとする人に、私は伸び代を感じたのである。

2つ目はチャレンジ精神である。とりあえずやってみることが大事だということ。こう書いたら動いた、だったらこう書けば違う動きになるのではないかと仮説を立てて、挑戦してみる姿勢が大事だ。知らなければどうしようもない部分もあるので、教えてもらうことも大事ではあるが、教えてもらうのを待つだけではなく、自ら挑戦する姿勢もまた大事なのであると言いたい。

3つ目は自分で調べる力である。Androidは特にソースコードがすべて公開されているので、なぜそう動くのかはコードを読めば分かる3。ソースコードを読むのでなくても、公式のドキュメントを読んで調べることなら誰でもできるはず4。Androidのプログラムを書いていると、便利なライブラリのお世話になることがとても多いが、そういったライブラリの使い方を、ライブラリのドキュメントやソースコードから調べることは重要だ。

以上3つ。プログラミングを教えているのに、プログラミングの知識、変数がどうのとかJavaがどうのとかとかよりも、もっと基礎的なことの方が大事に思えたことが意外に感じられた。

最後に、これからプログラミングを勉強しようと思っている人は、できるだけ効率的に学びたいなと思っていることだろう。きっと、いい師匠(先生)を見つけるのが効率的なんだろうけれど、どうやって探すのかは私が知りたい。だからそんな効率的に学ぶ方法を探す前に、さっさと何かプログラミングしてみる方が早いと私は思っている。

Androidプログラミングで言えば、とりあえず市販の本でもネットの情報でもなんでいいので、とりあえず書いてあるとおりにやってみるのがよいと思う。書いてある通りにやってうまくいかなければ、誰かに聞くのがいいだろう。

実は、そういう「書いてあるとおりにやってみたけど動かない」という状況は、スキルアップにちょうどいいシチュエーション5なのだけど、初心者はただ辛いだけなので、誰かに聞くのが手っ取り早い。Twitterでつぶやいてみるとか、teratailとかStackoverflowとかで質問してみるとか6。学校の先生がいるなら、先生に質問するのがいいだろう。聞ける人がいるということはとても恵まれたことなので7、そんな環境にいる人は今のうちに有効活用するべきだと思う。

大事だと思った3つのこと。コミュニケーション能力、チャレンジ精神、自分で調べる力。何にでも言えることじゃないかと思うけど、何にでも言えるからこそ大事なんじゃなかろうか。実際、教えていてこの人はプログラムに向いている・向いていないと感じることが何回かあった。それはなぜそう思うのかと考えてみたら、プログラミングの知識よりも本人の姿勢によるところが大きいと思ったのだ。


  1. ネットで公開される知見に頼るところが大きいのでとてもありがたく拝見している 
  2. あるにこしたことはないが 
  3. 理解できるかはともかく 
  4. 理解できるかはともかく 
  5. 原因を調べて解決することは、プログラミングをしていく上で何度も通る道であり、そういうハマりを経て人は成長していくのである 
  6. 質問する敷居の高さは、teratailの方が低いとは思うが、思い出してほしい。コミュニケーション能力が大切だということを。インターネット上の人々はあなたの状況を理解しているエスパーではないので、聞き方が悪いと答えは返ってこないどころか、逆に傷つくことになるかもしれない。 
  7. 学生という立場は学生という立場を失ってはじめてそのありがたみが分かるのだ 
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする