IdeaVimでxキーで文字削除する際にレジスタを汚さないようにする

この記事は最終更新から3ヶ月以上が経過しています。情報が古い可能性があります。

OSの機能(cmd + xcmd + v)ではなくIdeaVimのddを使う場合に、移動先にゴミがあったのでxキーで削除して、いざペーストしようとしたら、xキーで削除したゴミが貼り付けられてしまった。「なんでだよムキーっ」とイラッとした経験を持つ人はきっと多いはずです。

そんなことにならないように、xキーで文字削除する際にレジスタを書き換えないようにする設定です。正確に言うと、IdeaVimではなくVimの設定の話ですけどね。

~/.ideavimrcを作成して以下の2行を書くだけ。

nnoremap x "_x
vnoremap x "_x

意味としてはノーマルモードとビジュアルモードにおいて、Xキーのキーマッピングを"_xに書き換えるという意味です。

"_とはなんぞやという話ですが、これはブラックホールレジスタという特殊なレジスタを表しています。Xキーのデフォルトの挙動は、1文字デフォルトのレジスタに移動するというものですが、この移動先をブラックホールレジスタに指定してやるという意味になります。

ご意見ご感想はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

メッセージを送信するにはチェックを付けてください。