UdacityでAndroid開発の勉強(ついでに英語も?)

この記事は最終更新から3ヶ月以上が経過しています。情報が古い可能性があります。

Udacityをご存知でしょうか。動画を見ながらAndroid開発(だけじゃありませんが)の勉強ができるサイトです。

入門的な内容から高度な内容(アプリのパフォーマンスを向上させるとか)まで幅広く学ぶことができます。しかも無料で。

私は今この講座を勉強中です。動画に日本語字幕がついているありがたいコースです。Udacity – Developing Android Apps

私がUdacityの動画で勉強している理由はいくつかあります。

  • 無料で見れる(有料の講座もあるので注意)
  • Googleが提供しているので品質が保証されている
  • ちゃんとまとまった1つのコンテンツとして勉強したい
  • ついでに英語の勉強にもなりそう

すでにAndroid Development for BeginnerやMaterial Desgin for Android Developersなどを受講しましたが、「そういうふうにやるんだ」という新たな発見もあって面白いです。(そんなん知っとるわ、ということもまた多いですけど)

動画で「こんなふうにやるんだよ」と教えるだけでなく、GitHubにあるサンプルコードを元に自分でAndroid Studio使いながら実践する内容もあるので、無料といえどかなり本格的です。

Udacityのコンテンツは全て英語です。ですが扱っている内容はプログラミングなので、雰囲気でなんとか進めていくことはできると思います。言ってることはよく分からなくても、コードを見ればなんとなく理解できると思います。

英語の勉強になりそうというのも意外とバカにできない重要な要素だと思います。少なくとも私は、Udacityで勉強するようになってからというものの、英語に対する苦手意識が薄らいできたように思います。おかげでAndroid Developersの情報を原文で読むのが自分の中で普通になってきたりしてます。

ただし抵抗感が薄らいだだけであって、英語ができるようになっているわけではありませんけどね。しかしそれだけのことでも、こと英語に関しては充分な進歩だと思います。英語も勉強したいなぁなんていう人には、Udacityを利用するのがついでにAndroidの勉強もできるおすすめな方法じゃないかなと思います。

ご意見ご感想はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

メッセージを送信するにはチェックを付けてください。