Droidkaigi2018アプリにコントリビュートする

この記事は最終更新から3ヶ月以上が経過しています。情報が古い可能性があります。

去年に引き続き、今年もDroidkaigiアプリにコントリビュートすることができた。

去年は1行書き換える程度の細かいPR中心だったが、今年は機能の追加なんかもできて個人的に成長が感じられてうれしい。

Droidkaigiアプリは後から他の人が出したPRを見て「こういうやり方があるのか」と知見を得たり、知らないやり方を知れたりとそれだけで勉強になる。しかし私にとっては、リアルタイムで参加することこそ意義がある。

なぜなら、普段ソロで勉強・開発をしているので、コードに対するフィードバックが得られる機会がないからだ。PR送ればそんな貴重なフィードバックがいただける可能性があるのである。このチャンスを逃す手はない。万年ソロのせいでGit力すらないのだが、PRを送ることがGit力を鍛えるチャンスにもなってよい。

今回は、私のように独学でAndroid勉強しているというような人に向けて、この貴重なチャンスを最大限活用しようぜというスタンスで記事を書いてみようと思う。

準備

コントリビュートする前段階、準備に関しては公式情報が詳しいので参考にされたし。

DroidKaigi 2018 アプリをGitHubで公開しました

Issueを立てる

コードを書いてPRを送るのはハードルが高い、という人はまずはissueを立てることで貢献するのがいい。アプリを手元で実行してみて、ここの挙動がおかしくないだろうかなど、気づいたことを書けば良い。

日本語OKと言われても、みんな英語でやりとりしている中自分だけ日本語で書くのもなぁなんて思うかもしれないが、そこで躊躇するのはもったいないと思う。

例えばIssueを立てるのも勉強になるのである。こういう挙動がおかしいという問題提起に対して、誰かがそれを解決するPRを送ってくる。そうすると、この問題の原因はここにあって、こう対処すれば良かったのかと学びになる。

他の人が立てたIssueでも同じように学びになるが、やはり自分で立てたIssueの方が身につくと思う。

Issueを立てるときやPRの説明などに、動画をつけるのが親切でいいと思う。

私はAndroid Studioを使って端末の動画を撮影(Logcatのタブのところに動画撮影ボタンがある)、撮影したMP4のファイルをこのサイトを使ってアニメーションGIFに変換し、それをGithubに添付している。

Issueの原因を探る

すでに立っているIssueに対して、なぜそのような問題が起こっているのかの原因を探る。

今年は探る前に「このIssueに取り組みます」と手を挙げてassignしてもらうといい。やってみて無理そうならその旨を伝えればいいということなので、気軽に挑戦するといいと思う。

とは言え手を挙げてやっぱり無理でしたというのは恥ずかしいというのも真理。まずは立っているIssueの原因探求をやってみるところから始めてもいいかもしれない。

おそらくではあるが、すでに立っているIssueに対して追加情報を書き加えるのも立派なコントリビュートであると思う(コントリビューターには名前が載らないだろうが)。

原因がわかれば、対策を自分でできそうならassignしてもらえばよいし、原因は分かったが対処法が思いつかないというのであれば、他の人のPRを待って学びを得る機会が手に入ったと思えば良い。どちらにしろよい勉強になる。

PRを送る

ちなみに私はIssueを立てることなくいくつかPRを送っている。私の場合、Issueを一つ立てるのも時間がかかるので(主に英語力のせい)、コード書いてPR送ったほうが早い場合が多いからである。

Issueに取り組もうとして別の問題に気づいてそこに対処していたらPRの形になった、というパターンが多いだけであるが。

正直コードを書いているより、動作を確認したりIssueやPRの説明を英語で書くのに四苦八苦している時間のほうが長い。

コードに関しては、こんなコードで大丈夫だろうかとか、微妙なコードでレビュアーに負担を与えはしまいかとか、明確にだめとは言えないけど良くもなくて中途半端だなとか思われないだろうかとか、いろんな不安でいっぱいである。

しかしだからといって、せっかく書いたコードを送らないのは成長のチャンスを棒に振るうようなもの。エイヤとPR送るようにしている。先にも書いたとおり、私はずっとボッチ開発をしてきているので、誰かと一緒に作業していくという機会自体がめちゃめちゃ貴重なのである。

正直なところ、コードを書いてPR送ることこそ何よりも勉強になるので、特に私と同じような一人で開発しているとか勉強しているという人ほど、こういう機会を利用しない手はない。

PR送る上で気をつけていること

大したことではないのだけど、コミットする前にReformat codeを実行するようにするのは気をつけている。Macだとcmd + option + Lで実行されるやつ。

DroidkaigiアプリではcodeStyleが共有されているので、これを実行しておけばPRを送った後でスペースが足りないとかの機械的な指摘がぐっと減るので、PR画面が見やすくなると思う。

手作業でやると絶対忘れるので(去年の私はそうだった)、Android Studioでコミットする画面のBefore commitの部分のチェック項目にあるReformat Codeとかにチェックを入れておくのをおすすめする。

before commit

これにチェックを入れておけば、コミットする前に自動的にReformat codeが行われるので、PR送信後に機械的な指摘が減るはずである。

また、Save Actionsというプラグインを使うのもおすすめである。アプリをローカルで実行した際にReformat codeが走るようにできる便利プラグインである。Android Studioから検索してインストールできるので、気になる人は使ってみてほしい。

後はコミットの履歴をきれいにしたりというのも気をつけているつもりであるが、あんまり神経質になる必要はないと思う。

成長のチャンス

チームで開発する機会がない私にとっては、Droidkaigiアプリの開発はとてもよい成長チャンスである。PRを送っている時点ですでに非日常なのだ。

PRでもIssueでも、これ大丈夫かな、クソコードって思われないかな、迷惑になってないかなと不安が渦巻いてしょうがない。しかしそんな心配しても、ダメなところはダメって言ってくれるだろうし、言われないとしても誰かが直すだろうし、あれこれ悩む前に送ってしまえでいいと思う。

やらかして恥ずかしい思いをしても、それは独学では得ることのできない貴重な体験である。そもそも参加しやすい雰囲気作りしてくださっているので、恥をかくなんてことを心配する必要はないのだけど。本当にスタッフの皆さんやレビュアーの方々には頭が上がらない。

せっかくの成長機会が目の前に転がっているのである。これを利用しない手はない。尻込みするくらいなら、どんどん飛び込んでいけばいいと思う。私はそう考えて突撃している。

幸いなことに、ちょうど今急ぎの用件が他にない。そのおかげでこのイベントにがっつり時間をとることができている。今後も最新技術のキャッチアップとあわせて、レビュアー・スタッフの方々に感謝しつつ、私にとっては大変貴重なこの機会を最大限利用しようと思う。

ご意見ご感想はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

メッセージを送信するにはチェックを付けてください。