Floobitsを試してみた

Last Update: 2018-09-14

Floobitsというのはリアルタイムコラボレーションを実現するためのサービス。 VSCodeのVisual Studio Live Shareみたいなやつで、リモート経由でのペアプログラミングとかを実現するためのサービスである。

リモート経由でペアプロしたいが、Android開発でそんなことできるのかというのが出発点だった。 Android StudioのベースとなっているIntelliJ IDEAでもそういう機能があるのか調べたところ、今の所ないというのが結論。 要望自体ははるか昔からあるみたいだが、実現するにはコラボレーション用のサーバ用意したりとハードルがあまりに高いだろうことは想像に難くない。 公式には用意されていないが、見つけたのがこのFloobitsというサービスである。

別にIntelliJに限らず、他のプラットフォームでもプラグインが用意されている。 https://floobits.com/help/plugins Emacs, Sublime Texxt, Neovim, IntelliJ, Atomと多数のエディタに対応している。 Free planであれば5つのWorkSpaceを持てる。 Android Stuioでいえば1つのプロジェクト=WorkSpaceになるだろう。 Free planではprivateなWorkSpaceを持つことはできないので、ソースコードは誰でも見れる状態になる。 Edit権限を与えなければ勝手に編集されることはない。 ちなみにWorkSpaceはActive Workspaceで確認できる。

どんな感じなのか気になったので、パソコン2台使ってとりあえず試してみた。 試した環境が同一LAN内にあるPCではあったことが関係している可能性はあるけれど、遅延はほぼないと思っていいだろう。

Summonなる機能があって、これを使えば他のコラボレーターを自分が編集しているファイルに瞬時に招集することが可能。 「このファイルがさー」「どれだよ?」 なんてときに活躍しそう。 とりあえず試したのはコード編集だけではあるが、他にもチャットができたりコラボレーションのための便利な機能が盛り込まれている。

ただ、ペアプロに便利とはいうものの、Floobitsはあくまでリアルタイムでのペアプロ目的に使うにとどめた方がいいだろう。 Floobitsにアップロードしたプロジェクトを、Floobitsに接続しない状態で更新→FloobitsのWorkSpaceに接続という流れになると、リモートのファイルを上書きするか、リモートのファイルでローカルを上書きするかの2択になってしまう。 Gitでバージョン管理していても、FloobitsのWorkSpace自体はGitで管理されているわけではないので、下手するとGitの履歴自体が上書きされてなかったことにされる恐れもありそう。 プロジェクトはGitで別途管理して、サブ的にFloobitsを使うという感じがいいのかもしれない。 ゼロからいきなりFloobitsのWorkSpaceにジョインして開発を進めるとおかしなことになりそう。

gitと併用してFloobitsを使う場合のFAQがあった。 https://floobits.com/help/faq 運用でカバーする必要があるっぽい。

リモート経由でペアプロするのには非常に便利だと思う。 またFloobitsはAndroidに限らず使えるというのは便利な点だろう。 セキュリティ的にどうなんだというところがクリアできるなら、普通に便利な気がする。