EventBusを使ってAsyncTaskLoaderでProgressを通知する

この記事は最終更新から3ヶ月以上が経過しています。情報が古い可能性があります。

greenrobot/EventBus – GitHubを使ってみました。

異なるスレッドからのイベントの通知でもうまくハンドリングしてくれるので、AsyncTaskLoaderでProgressを通知するのにも利用できます。

Broadcastを使って実装するのと比較するとコードがシンプルになって良いです。IntentFilterやIntentにデータを埋め込む際に使うキー文字列を定義したりしなくて済みます。

更に独自のオブジェクトをイベントとして渡すこともできるので、Broadcastでは難しいイベントの通知も簡単に出来ます。

準備

/app/build.gradleのdependenciesにcompile 'de.greenrobot:eventbus:2.4.0'と、1行追加するだけで使えます。

イベントの送信

イベントを送信したいところで、EventBus.getDefault().post("イベント発生");とするだけです。

これは単にStringオブジェクトを渡しているだけですが、独自オブジェクトを定義して渡すことも可能です。

イベントの受信

イベントの購読・解除

Activityでイベントを受信するなら、onResume()EventBus.getDefault().register(this);とすることでイベントの購読を行います。

この際、onPause()EventBus.getDefault().unregister(this);で購読解除を忘れないように。

イベントのハンドリング

AsyncTaskLoaderからのイベントを受信してUIを更新するなら、onEventMainThread()をActivityに実装します。

public void onEventMainThread(String event){
    mTextView.setText(event);
}

送信するイベントのオブジェクトごとにこのメソッドを用意してやる必要があります。例えば他にMyEventという独自オブジェクトがある場合、別途public void onEventMainThread(MyEvent event){}を実装してやります。

メソッドをオーバーライドするわけではないので、コード補完は効きません。タイポするとこんな例外が起きてアプリが落ちます。

java.lang.RuntimeException: Unable to start activity ComponentInfo{jp.gcreate.sample.asynctaskloadersample/jp.gcreate.sample.asynctaskloadersample.MainActivity}: de.greenrobot.event.EventBusException: Illegal onEvent method, check for typos: public void jp.gcreate.sample.asynctaskloadersample.MainActivity.onEventBackgroundThrad(jp.gcreate.sample.asynctaskloadersample.MyEvent)

まとめ

AsyncTaskLoaderのProgressの通知で使ってみましたが、とても便利だなと思いました。

内部的にはHandlerを使ってイベントのハンドリングを行っているみたいでした。Handlerの具体的な使用例としていい勉強にもなって、個人的には一石二鳥な感じです。ありがたや〜。

便利な半面、無計画に使うとイベントが乱立してカオスな事になりそうなので、実際に使うときには気を付けないといけないなと思いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする