ファイル名の付け方の罠 不用意にハイフンを使わない

この記事は最終更新から3ヶ月以上が経過しています。情報が古い可能性があります。

レイアウトXMLのファイル名、drawableに用意する画像のファイル名、自分で作ったカスタムスタイルの名前などなど。これらの名前の中にハイフンを使うとビルドが通らないことがあります。

ハイフンを使ってもビルドをかけるまでエラーと表示されなかったり、名前にハイフンが入っているせいでレイアウトプレビューがうまく表示されなかったりすることがあります。この原因がファイル名等にハイフンを使っているせいだとはなかなか気づけません。

命名規則には、例えばレイアウトXMLのファイル名に大文字が使えないというのもありますが、これはAndroid Studioがちゃんと指摘してくれるので分かりやすいです。ファイル名なら指摘してくれるのでわかりますが、例えば独自のスタイル名については指摘してくれません。

私は普段ファイル名の区切りにハイフンをよく使うので、エラーだと直接指定されないとついついハイフンを惰性で使ってしまいます。レイアウトのレンダリングプレビューがちゃんと表示されないな、なんでだろう・・・とすごい悩んでいたのですが、原因は使用しているスタイルの名前にハイフンを使っているせいでした。

Android開発で名前をつけるのには、ファイル名にかぎらずスタイル名などでもハイフンは使わないよう気をつけましょう。

ご意見ご感想はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

メッセージを送信するにはチェックを付けてください。