Instrumentation Testで生成されるAPKは何をしているのだろう

この記事は最終更新から3ヶ月以上が経過しています。情報が古い可能性があります。

以前、Viewの描画をテストするためのリポジトリを作りました。記事はこれです。

Viewが想定通り描画されているか確認するため、Spoonを使ってスクリーンショットを撮るようにしました。GitHubにあげたコードでは、TextViewの周りに枠線を描画するCustomViewを作成し、その枠線が描画されるかを確認するというものでした。

しかしSpoonで撮ったスクリーンショットでは、右側と下側に描画されるはずの線が表示されていません。実機で動かすと描画されているのですが、スクリーンショット上では見えない。

Spoonのバグなんじゃないかななんて最初は思っていたのですが、調べてみると原因は違うところにありました。いえ、Spoonのせいではないということはわかったのですが、じゃあなぜそうなるのかというところが分からないので困っている状態です。

Spoonのスクリーンショットで線が描画されない理由は、右と下の線が画面外に描画されてしまっているからです。

CustomViewは右側・下側に描画する位置を、onDrawメソッドの引数で渡ってくるCanvasのサイズ(canvas.getWidth()canvas.getHeight())を使って描画しています。

実機で実行した場合、ここに渡ってくるCanvasのサイズは、CustomViewと同じサイズになっているようなので、TextViewの周りに枠線が描画されます。

一方で、androidTestで実行した場合、このcanvas.getWidth()で得られる数値は、想定したものよりはるかに大きい数値になります。数値の大きさから察するに、画面全体と同じ大きさになっているような気がします。

実機で実行した場合:

10-05 17:35:09.972 1992-1992/jp.gcreate.sample.viewdrawingtest.uiTest D/test: canvas:android.view.GLES20RecordingCanvas@30073153, height:96, width:983
10-05 17:35:15.412 1992-1992/jp.gcreate.sample.viewdrawingtest.uiTest D/test: canvas:android.view.GLES20RecordingCanvas@2a498faf, height:96, width:983

androidTestで実行した場合:

10-05 17:37:37.955 3888-3888/jp.gcreate.sample.viewdrawingtest.uiTest D/test: canvas:android.view.GLES20RecordingCanvas@375e49fb, height:1436, width:983
10-05 17:37:37.982 3888-3888/jp.gcreate.sample.viewdrawingtest.uiTest D/test: canvas:android.graphics.Canvas@1cad5ead, height:1919, width:1079

androidTestで実行すると、渡ってくるCanvasが実機の場合と異なるようです。

onDrawメソッドで渡されるCanvasとは一体何なのかという点についても、私はよく分かっていないのですが、androidTestで実行されるtest用のAPK(この場合app-UiTest-debug-androidTest.apk)が何をやっているのかもよく分からなくなってきました。

androidTestを実行すると、実機上に画面が表示され、テストコードに書いた動きが実行されていくので、それは全てtest用のAPKで実行されているのだとばかり思っていました。しかしそう考えると、実機で表示されている画面では枠線が描画されているのに、Spoonで撮影したスクリーンショットには映っていないことの理由が説明できません。

そんなことを考えていると、Instrumentation Testとは一体何なのかがよく分からなくなってきました。

ご意見ご感想はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

メッセージを送信するにはチェックを付けてください。