CIを導入してみた

FilteredHatebuにCIを導入してみました。 CI上での設定も必要なので、これだけで導入できるわけではありませんが、CI導入のための変更はこんな感じです。エミュレータが必要なEspressoでのテストがこけないよう、テストコードを修正した変更も含まれています。 そもそもこのアプリをpublicなリポジトリでやっているのは、実はCIを導入してみたかったからという理由がありました。 最...

記事を読む

ActivityScopeを使ってActivityクラスごとにシングルトンになるようにした話

まずはじめに。Dagger2の話をしていますが、きちんと理解しているわけではないので間違った内容があるかもしれません。鵜呑みにしないでください。 この記事で言ってることのサンプルコードはGutHubで公開しています。 この記事の要旨は「MainActivityの中でシングルトンを実現したい(した)」ということです。 Dagger2を知ったキッカケ 私がDagger2を知ったきっかけはdro...

記事を読む

スポンサー広告

はてなブックマークのホッテントリリーダーを作った

勉強がてらホッテントリリーダーを作ってみました。ソースコードはGitHubで公開しています。 アプリも公開中です。 自分の勉強のためというのが目的のアプリです。最初はDagger2に慣れるために適当に遊んでいたのですが(その名残が微妙に残っている)、それをちゃんとしたアプリに落とし込んだときに使いこなせるのかという不安がありました。そこでアプリとして動くものを作ろうと考え、じゃあいっそいろ...

記事を読む

Realmのテストのやり方を知りたい

Realmを使ってみました。ちなみに私は、今まではGreenDAOとAndroid Ormaしか使ったことがありません。 とりあえずCRUD操作のやり方をつかもうとテストを書いてみました。テストの書き方が根本的に間違っている可能性が無きにしもあらずですが、こんな感じで作りました。 public class FilterDataSourceRealmTest { private stat...

記事を読む

Instrumentation Testで生成されるAPKは何をしているのだろう

以前、Viewの描画をテストするためのリポジトリを作りました。記事はこれです。 Viewが想定通り描画されているか確認するため、Spoonを使ってスクリーンショットを撮るようにしました。GitHubにあげたコードでは、TextViewの周りに枠線を描画するCustomViewを作成し、その枠線が描画されるかを確認するというものでした。 しかしSpoonで撮ったスクリーンショットでは、右側と下側...

記事を読む

Android Studio2.2でProject Windowのパッケージ名表示が省略されない

タイトルが分かりにくいんですが、こちらの画像をご覧ください。 画像の例ではアプリのパッケージ名がjp.gcrete.sample.daggersandboxで、そこからさらにapiとかdiとかのパッケージに分化してます。 Android Studio2.2にしてから、なぜかそのサブパッケージの部分が単にapiではなく、jp.gcreate.sample.daggersandbox.apiと...

記事を読む

Android Studio2.2でレイアウトエディタを開いた際にTextで開くようにする

layout.xmlを開いた際に、デフォルトではDesignタブで開かれると思います。これをTextに変更する方法です。 Android Studio 2.1まではレイアウトのPreview画面に歯車アイコンがあって、Prefer XML EditorにチェックをつければOKでしたが、Android Studio 2.2のPreview画面にはそのようなものが見当たりません。 Android ...

記事を読む

カスタムViewが想定通りに描画されているかテストする

カスタムViewを作って、しかもそれがCanvasを使って描画するようなものだった場合、どうやって動作確認をしていますか? 私はこれまで実機で動かして、目視で確認していました。Viewの見た目なので目視で確認するしかないんですけどね。それを手動でやっていました。 しかしつい先日、手動での確認が難しい案件に出くわしました。それは端末のセンサーの値を読み取って、その値にあわせてカスタムViewの描...

記事を読む