久しぶりにAndroid Wearの電源を入れた

Last Update: 2019-09-08

私はLG G watch Rを持っていたのだけれども、長いこと使っていなかった。普段腕時計をしないし、するにしても薄くて軽いやつをずっと使っていたので、スマートウォッチの大きさが我慢できず、そのうちつけるのをやめた。

そんな放置していたスマートウォッチを久しぶりに使ってみた。

当時は四角いAndroid Wearが多かったので、円形のモデルということだけで飛びついたのだけど、やっぱりでかすぎる。最近発売されているモデルならもっとスマートなのだろうか。

それはともかく、なぜ久しぶりに使おうと思ったかというと、フィットネスバイクを漕ぐのに心拍数を測りたいと思ったからだ。LG G watch Rには心拍計が備わっている。

といっても、標準の心拍計測は「計測」を行ったタイミングでの心拍数を表示するだけであり、運動中の心拍の推移をモニタリングできない、非常に役立たずなアプリだ。

しかし調べてみるとリアルタイムで心拍の推移を計測できるアプリがあって、じゃあこれ使えば適切な運動強度で運動できるんじゃないかなと思ったのだ。

ちなみにそのアプリはWear Heart Rate Monitorというアプリなのだが、使ってみるとちょっと私の用途には合わなかった。アプリがすぐにバックグラウンドに回ってしまうので、心拍を確認し続けられないし、一度起動すると能動的にアプリを終了させることができなかった。

じゃあ自分でアプリ作るかと、今ここにいる。

心拍をWear側で表示かつ、スマホ側にオーバーレイで心拍が表示できたら便利だろうなと今のところ思っている。AbemaTV見ながら心拍が確認できたら便利だなと思っているので。

久しぶりのWearアプリ開発なので、リハビリがてら作っていこうと思う。

ちなみにそれで完成したアプリがこれである。メンテしてないから動くかどうか分からんけれど、気になる人は使ってみて欲しい。