リアルタイムで心拍数を計測できるHeart Rate Monitor Wearをリリースしました

リアルタイムで心拍数を計測・表示するAndroid Wearアプリをリリースしました。 特徴はリアルタイムで心拍数が分かること、Wear端末で計測した心拍数がそのままスマホに表示可能な機能があることです。 アプリはGoogle Playで公開中です。 開発の動機 運動不足解消とダイエットのために、室内でフィットネスバイクを漕いでいたのですが、あまり効果が現れませんでした。そんな中、ダイエッ...

記事を読む

Crashlyticsのクラッシュレポートをdebugビルドでは行わないようにする

新しいアプリを作るときにしかやらないので、いつもやり方を忘れてしまうCrashlyticsのレポート設定のメモ。 デバッグビルドでまでクラッシュレポートが報告されてしまうと、通知がうっとうしいだけですし、手元でスタックトレースが読めるわけですから完全に無駄です。必要なのは基本的にはリリースビルドだけでしょうから、開発中は無効にしてしまうのが便利です。 やることは下記のページのとおりです。 h...

記事を読む

スポンサー広告

CapabilityAPIを使う場合、アプリのパッケージ名に注意

Android Wearのアプリを作成する際には、パッケージ名をスマホ側と同じにしなければなりません。 新規プロジェクトで初めからWear用のアプリも含めて開発する際は関係ない話です。Android Studioの新規プロジェクトウィザードでターゲットにWearを追加するだけなので、両者のパッケージ名を別のものにしようと思ってもできません。 気をつけなければならないのは、スマホ用のアプリを作成...

記事を読む

Bluetooth経由でデバッグする

Android WearデバイスをBluetooth経由でデバッグする方法について。 Android WearもUSB経由でパソコンに接続してデバッグする方が何かと便利です。ですが、USB経由で接続しようと思うと、Wearデバイスに直接USBケーブルをつなぐタイプのものなら問題無いでしょうが、クレードル経由で接続するタイプの製品だと腕につけた状態でデバッグできません。 そんなときはBlueto...

記事を読む

暗号化について勉強中

Androidでユーザデータを暗号化して保護するにはどうしたらいいのでしょうか。 これまで「暗号化のやり方がよくわからないから、機密情報を保存しないようにしよう」と避けてきたのですが、それにも限界があるのかなぁと思って、手を広げてみる気になったのです。 まあ本当の出発点は、ユーザデータの保護ではなく、アプリで扱うデータを秘匿するにはどうしたらいいのだろうだったんですけれど・・・。 例えば、T...

記事を読む

Contextの使い分けについて私が辿った変遷

Application Contextを渡してはいけないという記事を読みました。 http://ytrino.hatenablog.com/entry/2016/05/26/033936 この記事を読んで改めて自分のContextに対する認識があまいことを実感したので、思ったことをまとめてみようと思います。 趣旨は「僕はContextに対してこういうふうに思ってるんだけど、違う・違わないが自...

記事を読む

Kotlin使ってみて感じる便利さと葛藤

最近アプリやAndroid Studio用プラグインを作るのにKotlinを使っています。 始めたばかりの頃は「Javaだとああ書くんだけど、Kotlinだとどう書けばいいんだ」ということが多かったです。Javaでまともに書けないのにKotlinに手を出すのは早いんじゃないかとも思っていました。 しかし少しずつ試していくと、Kotlinの便利な部分が分かってきてきました。 私の場合、「Kot...

記事を読む

Android Studio用のプラグインADB Friendlyを作ってみた

以前から作ってみたいなぁとは思っていたのですが、このたびやや必要性が増したこともあってAndroid Studio用のプラグインを作りました。 作成時間の半分くらいは環境構築に手間取っていたと思います。 ソースコードはGitHubで公開していますが、クローンしてもそのままビルドしたりできるのかよく分かりません。一応自分でgit cloneして確認したりしてみましたが、Androidのプロジェク...

記事を読む

式の即時評価を利用してオブジェクトの状態を調べる

式の即時評価が便利だよねという話です。 私は以前Calendarクラスを使って日付の処理をしようとしていました。そのとき、どのフィールドを参照すれば目的の値が引っ張ってこれるかを確認するのに、愚直にLog.d()を使っていました。1つ1つメソッドの返り値を出力して(文字列の連結でさらにカオスになる)、目的の数値がちゃんと取れているのか確認していたのです。 ドキュメントを読めよっていう話なんです...

記事を読む

画面をタッチして線を描く お絵かきアプリを作るための第一歩

今回の記事のサンプルコードは、GitHubで公開しています。 お絵かきアプリを作ろうと思って格闘中です。とりあえず線を描くだけでも学びがいろいろあったのでまとめておこうと思います。 Pathを使って描画するとカクカクする問題 線を描くにはPathを使うのがオーソドックスのようですが、何も考えずにパスを使った描画を行うと、線がカクカクしてしまいます。(サンプルコードのPathPaintView...

記事を読む