DataBindingを試す

DataBindingがアツいらしいと聞いて試してみました。簡単な使い方をするなら想像以上に簡単でした。 今までActivityなどでfindViewByIdを書きたくないから、ButterKnifeをどのプロジェクトでも使っていたのですが、DataBindingを使えば同じようなことができます。 両者を使ってみて感じたのは、ButterKnifeがレイアウトXMLをJavaコードに持ってくる...

記事を読む

タッチイベントについて

端末の画面をタッチした情報はMotionEventとしてActivityやViewに通知されます。 MotionEventはさまざまな情報を持っています。 MotionEvent - Android Developers アクション(触れたのか、動かしたのか、離したのか) ポインタの数(何本の指で触っているのか) タッチした座標 これらは全てポインタごと別々に識別されていて、全てポイン...

記事を読む

スポンサー広告

Android Testing Codelabやってみた

Android Testing CodelabはEspressoなどのテストツールの使い方を学べるサンプルです。 全篇Englishですが、大体雰囲気でわかるレベルだと思います。 このレッスンをやれば、アプリ開発におけるテストツールの使い方、 JUnitを使ったユニットテスト(Andoridの端末を必要としないテスト) Espressoを使ったUIテスト(実機orエミュレータを必要とするテ...

記事を読む

jarファイルで配布されているライブラリをAndroid Studioで取り込む

Android StudioはビルドツールにGradleを使っているので、ライブラリはbuild.gradleのdependenciesに書くことで簡単に取り込むことが出来ます。 しかし、ライブラリによってはjarファイルで配布されているものもあります。(この例ではNiftyのMobile backend) jarで配布されるライブラリを組み込む手順は簡単です。app/libsディレクトリにj...

記事を読む

UdacityでAndroid開発の勉強(ついでに英語も?)

Udacityをご存知でしょうか。動画を見ながらAndroid開発(だけじゃありませんが)の勉強ができるサイトです。 入門的な内容から高度な内容(アプリのパフォーマンスを向上させるとか)まで幅広く学ぶことができます。しかも無料で。 私は今この講座を勉強中です。動画に日本語字幕がついているありがたいコースです。Udacity - Developing Android Apps 私がUdacit...

記事を読む

私がAndroid Studioで利用しているplugin

Android Studioは常に最新を追いかけるんだ、なんてやっていた私ですが、最近ではそれもやや保守的になりつつあります。その理由の一つに、アップデートでプラグインを入れなおさないといけないというのがあります。 例えば1.4から1.5にバージョンを上げると、今まで使っていたAndroid Studioのプラグインは入れなおしになります。設定項目は引き継いでくれるのに、なぜプラグインは引き継い...

記事を読む

ラムダ式とは一体何なのか

Java8から使えるようになったラムダ式はAndroidではそのままでは使えません。Android Studioが「ラムダ式で書いたらこうなる」と見た目だけ表示してくれたりしますが、実際にラムダ式でコードが記述されているわけではありません。 例えば、このようなボタンにクリックリスナーを設定するコードがあったとして、 mButton.setOnClickListener(new View.OnC...

記事を読む

パララックスイメージのAppBarをListViewを使って実装しようとしてハマった話

AppBar(Toolbar、ActionBar)の部分が大きめの画像になっていて、コンテンツをスクロールするとそれに合わせて画像が縮んでいき、最終的にToolbarだけが残る(もしくは全部隠れる)みたいなデザインがありますよね。あれを実装しようと思って試行錯誤してみました。 試行錯誤になってしまった原因は、スクロール可能なコンテンツ部分を横着してListViewで作ってしまったからでした。見か...

記事を読む

cocos2d-xの勉強してみた

ゲーム開発エンジン使ってアプリを作ってみたいなとは以前から考えていましたが、今回cocos2d-xの勉強をしてみました。 他にもUnityがあって、しかもそちらの方が情報量も書籍の数も多いです。にも関わらず、なぜcocos2d-xを選んだかというと、私には3次元がややこしかったからです。UnityはLive2Dと連携させるのにちょっと触りましたが、私には合いそうもないというのが第一印象でした。c...

記事を読む